モバイルツールを用いて査定を行っている事が多い車買取業者

車買取の業者は、必ず顧客の車に対して査定を行います。そして査定士は、最近では確認する際にモバイルの媒体を用いているケースが多々あるようです。

例えば、カーコンビニ倶楽部という業者があります。カーコンビニ倶楽部では修理やレンタカーなど、自動車に関連する色々なサービスを提供しているのが特徴です。しかしカーコンビニ倶楽部自体は、車買取を行っている訳ではありません。その業者のグループ会社が、車買取という事業を営んでいる訳ですね。

そのグループ会社では、もちろん買い取り手続きの際に顧客の車の査定を行います。その際に、独自のモバイルツールを用いているようなのです。
あの業者の用いているモバイルツールでは、かなり細かな点まで確認をしているようですね。車というのは非常に多くのパーツがあるのですが、その大部分に対して確認を行っているそうなのです。実に100箇所以上に対してモバイルツールで確認をしているようですね。

そうかと思えば別の業者でも、別のモバイルツールを用いています。スマートフォンです。

スマートフォンで何を確認しているかというと、恐らく売却見込み額ですね。査定士がスマートフォンをどのタイミングで使うかというと、車の確認が全て完了した後です。完了後に本部とのやり取りをスマートフォンで行っているのですが、察するにそれはスマホで本部のパソコンを操作しているのでしょう。

スマホ本体には社外システムはインストールされていませんが、スマホを使えば社内パソコンのシステムは見る事ができるのです。ですので社内システムを用いて査定額を算出したい時には、スマホは必須ツールと言えます。
このように車の査定士は、作業を行う際に様々な「モバイル」の媒体を用いているのが特徴です。

Filed under: 未分類 — mizukage502df40df1 1:35 AM  Comments (0)